さいたま市(岩槻区、大宮、浦和)、越谷市、春日部市,など埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のご相談なら株式会社ホンダへどうぞ

埼玉県さいたま市岩槻区大谷455-1
 埼玉県知事許可(般-27)第68760号 
 

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

048-878-8668

サービス案内

屋根塗装

金属系の屋根塗装

下塗りの錆止め写真

 

コロニアル屋根塗装

コロニアル屋根に遮熱塗装を施工  施工前   施工後

コロニアル塗装の際の縁切りのお話 

タスぺーサーのお話

重なりの隙間のアップ写真

屋根の重なり部分は塗装により塞いでしまってはいけません。水の抜け道を確保する為です。

必ず隙間を残すのが屋根の機能としては万全なのです。

塗装の際に隙間を塗料で塞いでしまわないように、作られたのがタスぺーサーなるものです。

業界では主流で、これを使っていない業者は気おつけてください!などとよくネット上で見かけます。

 

 

ですが!!

ここに私は疑問と矛盾を感じるので説明したいと思います。

タスぺーサーはお客様のお見積りに加算され、戸建住宅ですと数万円でしょう。。

この業界の当たり前が当社では違うと思うのです。

なぜなら、塗装の際に隙間を塞がないように気をつけて作業すれば何ら問題は生じません。

隙間を塗料で塞がない為の治具をお客様に負担させるなんて、業者都合の何でもありません。

隙間が元々ない屋根ですとどうしても考えなくてはいけませんが。。。。

くっついてしまう場合は薄いヘラなどを用いて切り離す作業をします。これが縁切り作業です。

 

 

タスぺーサーを使わない方が自然で綺麗に見えます↑

 

ご理解頂けましたでしょうか?

何でも一律にタスぺーサーを使う提案が果たしていい業者なんでしょうか?

ケースバイケースという事です。

縁切り作業では傷付けたり、再度接着してしまう心配はありません。

当社では、屋根から最初に仕上げますので、塗装は完全に硬化した後に屋根を見直します。

ですので再接着の心配も皆無です。隙間が埋まってしまうような塗り方も最初からしませんので。。

 

お客様にとって色々な建物のケースがありますので、最善の提案をして差し上げるのが

当社のモットーです。必ずタスぺーサーをでは無いのです。

 

 

お問合せはこちら

株式会社ホンダのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-878-8668

受付時間:9:00~18:00

お見積りをご希望のお客さまへ

お見積りは無料です。お問合せから3営業日以内にお見積り結果をご連絡いたします。まずはお電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

048-878-8668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

本田 久光

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。